ページ内移動用のリンク

産業貿易センターについて

設置目的

東京都立産業貿易センターは、東京都における商工業及び貿易の振興を目的に、見本市・展示会等のためにご利用いただける施設として設置されました。
展示室と会議室及び備品の貸出を行っています。

沿革

昭和
29年10月 「都立産業会館大手町館」開館
44年11月 「都立産業会館台東館」開館
45年4月 都内中小企業製品の海外販路拡大のための常設展示場「都立貿易センター」開館
55年3月 「大手町館」老朽化のため閉館
58年6月 国内外への販路拡大を一元的に支援する「都立産業貿易センター」業務開始
「大手町館」に代わる施設として港区に新館を開設(「産業貿易センター本館」)
「産業会館台東館」を「産業貿易センター台東館」と改称
平成
10年4月 産業貿易センター本館」を「産業貿易センター浜松町館」と改称
財団法人 東京都中小企業振興公社が、施設管理運営業務について東京都から委託を受ける
10年5月 「浜松町館」の常設展示場事業終了
10年10月 「浜松町館」の元常設展示場部分を日替展示場として利用開始
18年4月 財団法人 東京都中小企業振興公社が、 「産業貿易センター」の指定管理者として東京都から指定を受ける
23年4月 公益財団法人 東京都中小企業振興公社が、「産業貿易センター」の指定管理者として東京都から指定を受ける
26年4月 同上
「台東館」改修工事のため休館
27年4月 「台東館」利用再開
27年10月 「浜松町館」都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)により建替のため閉館

浜松町館の施設の概要

閉館中  平成32年リニューアルオープン予定

台東館の施設の概要

当センターは、東京都と台東区の合同庁舎の一部です。

施設概要

名称 東京都立産業貿易センター 台東館
所在地 東京都立台東区花川戸二丁目六番五号
竣工 昭和44年9月
構造・規模 鉄骨鉄筋造 地下1階、地上9階、搭屋3階
延床面積 19,505m2(東京都と台東区の区分所有)うちセンター施設関連 10,548m2
敷地面積 3,047m2 所有者:台東区 ※東京都は区から土地の使用許可を受けています。
建物に入居する
台東区関連施設
台東区立台東区民会館(台東区の一般区民用会議室・食堂)
観光バス駐車場、東京商工会議所 台東支部 事務室

施設の面積と収容人数

施設 区分 面積 収容人数
展示室 4階 1,495m2 5,836m2 600名
5階 1,479m2 600名
6階 1,479m2 600名
7階 1,383m2 600名
会議室 A 67m2 134m2 35名
B 67m2 35名
搬出入用荷扱場及び駐車場・事務室ほか 4,578m2 -
10,548m2 -